あなたの分析ソリューション

XLSTATでの平行座標可視化の作成

20/10/2017

平行座標プロットを作成するデータセット

データと結果のExcelシートは、 こちらからダウンロードできます。

こ のチュートリアルで使用しているデータは アメリカ人口統計局が1994年に行った調査から抽出したものです。データ集合は観測対象の半数が年収5万ド ル(50k$)以下の個人、残りの半数が年収5万ドルを超える個人です。サンプルに含まれる個人は全員がアメリカ出身者です。記述子(年齢、学習年数、人種、性別、週あたりの労働時間数)のいずれかが個人の年収に影響を及ぼしているかどうかを可視化します。

平行座標プロット・ダイアログ・ボックスのセットアップ

XLSTATを起動し、XLSTAT/  データ可視化平行座標コマンドを選択します。またはデータ可視化ツールバーの対応するボタン(下図を参照)をクリックします。

barpcor.gif

ボタンをクリックすると、ダイアログ・ボックスが現れます。

Excelシートのデータを選択します。このツールは数値変数と名義変数が混在したデータにも使用できます。グループ情報は線を色分けするのに用います。

各グループの量的変数の平均値と名義変数の最頻値を表示するため平均値ラインオプションをオンにしてあります。

尺度変更オプションを使うと全変数の間にデータがどのように分布しているかを比較することができ、可視化しやすくなります。

pcor1.gif

プロットをどのように表示させるかを決定するために、オプションタブに行きます。できるだけ多くのラインで表示を選択します。

pcor2.gif

OKボタンをクリックすると、新しいシートにチャートが作成されます(「新しいシートに作成する」オプションを選んであるため)。

平行座標プロットの解釈

平行座標プロットでは、年収が5万ドルを超える確率が最も高いのは、年齢・学習年数が平均以上で、週あたりの労働時間数の多い白人男性であることが分か ります。しかし、週あたりの労働時間数は、2つのグループの平均値(50k$)が近いため、あまり弁別的ではないことが分かります。

pcor3.gif

お問合わせは、マインドウエア総研へ。

お問い合わせ

販売部門にEメール

当社の技術サポートチームに連絡してください:support@xlstat.com

https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283