あなたの分析ソリューション

XLSTATでのSDチャートの作成

20/10/2017

SD(Semantic Differential)チャート

The psycho心理学者 Charles E. Osgoodは、与えられた言葉の個人的含意の差をプロットするために、 意味差(SD:Semantic differential可視化法を開発しました。この手法を適用する場合、Osgoodは調査参加者に、対極の(例えば、好意的/非好意的)の範囲の尺度の系列上で言葉を記述することを要求しました。1人の個人とその他のパターン、あるいは1つのグループとその他のパターンが有意に異 なる場合、Osgood は、Semantic Differential(意味差)を心理学的な、あるいは個人または群間のbehavioral distance(行動の距離)のマッピングとして解釈しました。

この手法は、さまざまな適用に用いることができます:

  • 類似尺度(対極同士、または各基準についてのlikert式類似尺度のいずれか)の上での基準の系列(例えば、酸味、塩辛さ、甘さ、柔らかさなど) によって記述された製品(例えば、ヨーグルト)についての専門家の知覚の分析
  • 顧客満足度調査の後の調査分析
  • 人材採用時の候補者のプロファイル分析

SDチャートを作成するデータセット

データと結果のExcelシートはこちらからダウンロードできます。このチュート リアルで用られるデータは、5人の専門家が6つの記述子を用いた製品の評価を質問された調査に対応します。その結果は表(下記)に表示されます。

sd1.gif

このSDチャートの目的

我々のゴールは、審査員の間にいくらかの違いがあるかどうか素早く可視化することです。

SDチャートのセットアップ

SDチャートダイアログ・ボックスを有効にするために、XLSTATを起動して、 XLSTATデータ可視化​意味差(SD)チャート コマンドを選択するか。

XLSTAT Menu Visualizing data Semantic Chart

ボタンをクリックすると、ダイアログ・ボックスが現れます。

そしてExcelシート上でデータを選択してください。アトリビュート(記述子)は列に 対応し、オブジェクト(ここでは専門家)は行に対応するので、Rowsオプションは変更する必要がありません。

列ラベル オプションは有効にされているので、たとえブランクがあっても、専門家のラベルを選択して、ヘッダーに含めてください。

dialog box semantic differential chart

SDチャートの解釈

OKボタンをクリックすると、SDチャート が表示されます。

semantic differential chart

ほとんどの専門家はかなり異なる意見を与えたことが、これでわかります。4と5の専門家だけが似た評価を与えました。

お問合わせは、マインドウエア総研へ。

1c26995d494fb3061dd0ae8571ffc0a4@xlstat.desk-mail.com
https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283