あなたの分析ソリューション

XLSTAT-Pivotによるインテリジェント・ピボット・テーブルの作成

20/10/2017

このチュートリアルは、従来のExcelのピボット・テーブルに較べてかなりの優位性を持つXLSTATのインテリジェント・ピボット・テーブルの機能の使用法を示します。 

インテリジェント・ピボット・テーブルを作成するデータセット

データと結果のExcelシート(zipファイル)はこちらからダウンロードできます。米国国 勢調査局(http://www.census.gov) による1994年の国勢調査で収集されました。

このデータは新しいアルゴリスムの予測性能を評価するために何度も使われてきました。各レコードは、年齢や 職業、教育、性別など、個人に関する15個の記述子からなります。レコード数は、8000に限定されました。重み変数(各個人に母集団での正確なパーセ ンテージを表現できる)は、以下の事例では使われませんでした。XLSTAT-Pivot の次のリリースでは、重みを考慮に入れることができるでしょう。

このチュートリアルの目的

目的は、個人の税収が50k$より大きいか小さいかの事実(対応する変数は列Oです)に最も影響する因子と因子の組み合わせを理解することに役立 つピボット・テーブルと寄与率グラフを素早く作成することです。XLSTAT-Pivot はこれを素早く簡単に行うことができます。

インテリジェント・ピボット・テーブルの生成

 XLSTATを開いて、XLSTAT / 記述統計量 / XLSTAT-Pivot コマンドを選択するか、記述統計量 メニュー(下図)の対応するボタンをクリックしてください。

Menu pivot

ボタンをクリックすると、XLSTAT-Pivot ダイアログ・ボックスが現れます。Excelシート上でデータを選択してください。

最初の行はラベルに対応し、次の行はデータに対応するので、XLSTAT の最も早い選択モードを使うことができます。:対応する文字の上でクリックして列を直接選択してください。

最初の行は変数の名前に対応するので、 ラベルを含むオプションを選択してください。

説明変数は、質的変数で も量的変数でもよいことに留意してください。

説明される変数は質的変数なので、変数のタイプは質的変数を選択します。そして、ピボット・テーブルで使用する目的のモダリティを選択します。我々の事例では、これは ">50K" のケースに注目します。

Dialog box general pivot

そして、Ok をクリックして、XLSTAT-Pivot が計算を開始します。 XLSTAT-Pivot アルゴリズムは、決定木とCHAID アルゴリズムに基づきます。

次のダイアログ・ボックスは、最適なピボット・テーブルを作成するためのオプションを表示します。ピボット・テーブルで使用したい変数を選択してください。変数のモデルへの寄与率が、変数名の隣に表示されます(寄与率が高いほど、それが応答変数の変動を説明するためにより多くの情報をもたらします。)

選択ができると(この事例では、デフォルトのオプションに何も変更を加えませんでした)、続けるをクリックします。

Dialog box selection pivot

 

インテリジェント・ピボット・テーブルの解釈

新しいシートに、変数のヒストグラムとダイナミック・ピボット・テーブルが表示されます。

Contribution plot pivot

グラフから、収入で高い効果を持つ変数が、Marital status (未婚か既婚か)、続いて number of years of educationz(教育レベル)であることがわかります。

ダイナミック・ピボット・テーブルは、カテゴリの組み合わせごとに4つの値まで表示できます:

  • ターゲット平均: 質的変数のケースでの、応答変数のターゲット・カテゴリが存在するケースのパーセンテージ;連続変数のケースでの組み合わせに対応して亜母集団で計算されたターゲット変数の平均;
  • ターゲット・サイズ: 質的変数のケースでの応答変数のターゲット・カテゴリの発生カウント;
  • 母集団サイズ %: 組み合わせに対応する全母集団のパーセンテージ;
  • 母集団サイズ: 組み合わせに対応する母集団のサイズ。

ピボット・テーブルは以下のようになります:

 Pivot table

ここで、我々は、人々が50k$より多く稼ぐこともっとも影響する組み合わせを識別するために、ダイナミック・ピボット・テーブルを分析します。

ピボット・テーブルができると、さまざまな説明変数がお互いにどのように関係しているかを見るためにコレスポンデンス分析を行うことが興味深いであろうことに注意してください。入力表を構築するには、 "ターゲット・サイズ" の値を保持するだけです。

お問合わせは、マインドウエア総研へ。

お問い合わせ

弊社の営業チームにご連絡ください。ここをクリック

弊社のテクニカル・サポート・チームにご連絡ください:support@xlstat.com

https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283