あなたの分析ソリューション

XLSTATでの個別管理図の生成

20/10/2017

個別管理図を作成するためのデータセット

このチュートリアルで使用するデータと結果のExcelシートは、こちらからダウンロードできます。

データは、[Pyzdek Th. (2003). The Six Sigma Handbook, McGraw Hill, New York] からの引用です。

それぞれ5つの測定値を持つ生産工程の 25個の検査データです。サブグループ管理図上でこのチュートリアルと結果を比較するために、同じデータ集合が使用されています。この事例では、最初の測定値だけが考慮されました。

管理図と個別管理図

管理図は、この工程が統計的な管理下にあるかどうかを決定するのに効率的な手法です。さまざまな目的のさまざまな管理図があります。

個別管理図ツールは、次の管理図を単独または組み合わせで使用することができます:

  • X 個別
  • MR 移動範囲

X 個別管理図は、生産プロセスの移動平均を追うのに役立ちます。平均シフトがダイアグラムで簡単に可視化されます。

MR 管理図(移動平均ダイアグラム)は、生産のバラツキを分析するのに役立ちます。異なる生産ラインの使用による生産の大きな差が簡単に可視化されます。

注意 1: より小さな平均シフトを調査したい場合は、個別管理図と比較してより小さな平均シフトを検出できので、しばしば好まれているCUSUMが使用できます。

注意 2: 各ポイントについて複数の測定値がある場合は、サブグループの管理図を使用してください。

注意 3: 質的な値(たとえば、ok, not ok, conform not conform)がある場合は、属性管理図を使用してください。

管理図に加えて、関係する機能があります。

  •  Box-Cox 変換
  • 工程能力
  • 正規性の検定
  • 特殊要因のルールおよびウェストガード・ルール
  • ラン・チャート

このチュートリアルでは、 X 管理図とともに MR 管理図を使用します。

個別管理図の生成

XLSTAT を起動して、XLSTATXLSTAT-SPC / 個別管理図コマンドを選ぶか、XLSTAT-SPC ツールバー(下図)の対応するボタンをクリックしてください。

SPC Induvidual charts- Menu

SPC / 個別管理図ダイアログが表示されます。

"Mode" タブで、X-MR 個別/移動範囲管理図のコンビネーションを選びます。

SPC Induvidual charts - Dialog box - Mode

そして、一般タブに行って、Excel シートのデータを選択します。

(注意: XLSTATでのデータの選択には複数の方法があります - 詳しくは、データの選択方法のチュートリアルで確認してください。)

この事例では、最初の行からデータが始まっているので、列選択が早くて簡単です。列に対応する文字が選択ボックス内に表示されているのは、そのためです。

SPC Induvidual charts - Dialog box - General

推定 タブで、移動範囲平均オプションと窓の長さMR 長さ に 2を選びます。

SPC Induvidual charts - Dialog box - Estimation

 OKをクリックすると計算が始まります。行と列の数を確認します(このメッセージは、XLSTATオプション・パネルで"選択確認を要求"を非選択にして回避できます)。

個別管理図の解釈

最初の結果は、推定平均と標準偏差の値です。

対応する管理図を持つ次の表は、さまざまな管理限界と中心線を含むX管理図を示します。

最初の表では、X管理図の管理限界に言及しています。この管理限界の値とサブグループ管理図での前のチュートリアルの対応する値を比較すると、こちらの限界のほうがとても広いことがわかります。LCL の値は、90.974 から 77.327に変わり、UCL の値は、 108 から 120.753に変わりました。

個別管理図とサブグループ管理図の基本的な違いが見えるようになります。サブグループ管理図は、計算された平均によって、管理限界の範囲がより狭くなっています。これは、実際には出ていない特殊要因を結論として導くかもしれません。個別管理図は、広い管理限界を持つ傾向があり、 さらなるプロセスの調整作業を必要とする場合があります。

そして、X管理図のデータが、グループの平均、グループ最小およびグループ最大で始まります。そのあと、中心線 (CL)、下方 (LCL) および上方 (UCL) 管理限界、そしてAとB領域の下方と上方のゾーン限界が、各グループについて表示されています。

SPC Induvidual charts - Results - X Individual chart observation details

次の表は、特殊要因のルールの詳細です。表中に"No" だけが読み取れます。このデータは、この問題に関してはよい品質です。要約すれば、X管理図内でこのすべてを発見することができます。グループの平均値は、常に下方と上方の管理限界の間にあります。

SPC Induvidual charts - Results - X Individual chart

X 管理図と同様、MR 管理図のデータは、常に管理限界の内側にあり、特殊要因は何も提示されていません。

SPC Induvidual charts - Results - Moving Range chart

両管理図は、プロセスが統計的な管理下にあるという結論を導きます。

さらに、データが正規分布に従っていて、管理図と工程能力の一般的なルールを適用できるかどうかを調べます。次のセクションで、4つの異なる正規性の検定の結果と Q-Q プロットが表示されています。4つの検定のすべてが、 正規分布の仮説 H0 を採択できると結論づけています。Q-Q プロットでは、データが対角線に沿って並んでいることがわかります。データが正規分布していることを仮定します。

SPC Induvidual charts - Results - Jarque-Bera test

最後に、ランチャートが表示されています。これは、範囲と傾向を判断するために、すべての個別の測定値 を含みます。グループ内の測定値が、91 から 110の間と広い範囲を持つことがわかります。 この値は、管理限界内です。

SPC Induvidual charts - Results - Run chart

お問合わせは、マインドウエア総研へ。

1c26995d494fb3061dd0ae8571ffc0a4@xlstat.desk-mail.com
https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283