あなたの分析ソリューション

XLSTATでのパレート図の生成

20/10/2017

パレート図を生成するためのデータセット

このチュートリアルで使用するデータとその結果のExcelシートは、こちらからダウンロードできます。

データは、 [Pyzdek Th. (2003). The six sigma Hanbook Revised and expanded, McGraw Hill, New York] からの引用で、1ヶ月間のスーパーマーケットの桃の入荷検査です。

パレート図

パレート図の名前はイタリアの経済学者に由来しますが、はじめて産業用の問題に適用したのはJ. M. Juranによる功績です。

調査されるべき要因(たとえば不良アイテム)が一覧され、合計が100%になるようにそれぞれにパーセンテージが割り当てられてます。そして、パーセンテージは、基本的に棒グラフまた円グラフのダイアグラムを構築するのに使用されます。パレート分析は、最初に追求するべき要因を決定するために要因のランキングを使用します。

パレート図のセットアップ

XLSTAT-Proを起動して、XLSTAT / SPC / パレート図のコマンドを選択するか。

barpto1e.gif

パレート図のダイアログ・ボックスが表示されます。そして、Excelシート上でデータを選択します。

(注意: XLSTATによるデータ選択には複数の方法があります - 詳しくは、データの選択のセクションを確認してください。)

この事例では、第1行からデータが始まっているので、列選択を用いるのが早くて簡単です。列に対応する文字が選択ボックス内に表示されているのは、そのためです。

pto1e.gif

pto1e.gif

オプション タブで、記述統計チャートを有効にします。

pto2e.gif

出力 タブで、すべてのオプションを有効にします。

pto3e.gif

チャート タブで、すべてのオプションを有効にします。

pto4e.gif

OK をクリックすると計算が始まります。行と列の数を確認するメッセージが表示されます(このメッセージは、XLSTATのオプション・パネルで選択確認の要求を非選択にして回避することもできます)。

パレート図の解釈

最初の表は、不良品データの記述統計です。オブザベーションの数、欠損値の数、重みの合計、カテゴリの数、Mode(最頻値)、 最頻値の度数が表示されています。そして、各カテゴリについて、名前、度数、相対度数、累積相対度数が表示されています。

下図は、棒グラフを用いたパレート図です。カテゴリが降順に並んでいます。

pto5e.gifpto6e.gif

全体の不良品の95%以上を占める3つの根本原因が rotten、 bruised およびundersizedであることがわかります。これらの要因が、今後の改善プログラムでフォローアップされるべきです。

最後に相対度数の円グラフが表示されて、同様な結論に達します。

ビデオでこのチュートリアルの実行方法をご覧ください。

 

お問合わせは、マインドウエア総研へ。

1c26995d494fb3061dd0ae8571ffc0a4@xlstat.desk-mail.com
https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283