あなたの分析ソリューション

XLSTATでMicrosoft Excel グラフの曲線を追加する

27/11/2017

このチュートリアルは、XLSTATソフトウェアを用いて既存のExcelチャートに曲線を追加する方法を示します。

Microsoft Excel グラフの曲線を追加するデータセット

このチュートリアルで使用するデータと結果のExcelシートは、 こちらをクリックしてダウンロードできます。

データは、粒子が磁界の作用を受ける実験空間に適用される物理学の実験です。粒子は、さまざまな時間に発見され、それらの位置が2次元で記録されます。我々の目的は、実験の枠組みを検証するために、記録されたさまざまな位置を示すチャート上に f(y)= x sin(x) の関数を素早くプロットすることです。まず、位置を示しているチャートをコピーして、それから、それを選択します。

Microsoft Excel グラフに曲線を追加

XLSTATを起動したら、XLSTAT / データ可視化 /関数をプロット コマンドを選択するか、データ可視化ツールバーの対応するボタン(下図)をクリックします。

barfuncpl.gif

横軸がX1となるXLSTATの慣例とスプレッドシート関数に関するExcelの慣例を順守しながら、興味のある関数を入力できるダイアログ・ボックスが現れます。このケースでは、X1*SIN(X1)を入力します。

funcpl1.gif

 OKをクリックすると、ただちに関数が表示されます。

funcpl2.gif

注意 : 既存のチャートから開始することなく, このツールで関数をプロットすることも可能です。

お問合わせは、マインドウエア総研へ。

1c26995d494fb3061dd0ae8571ffc0a4@xlstat.desk-mail.com
https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283