あなたの分析ソリューション

XLSTATを用いた官能分析での製品評価

20/10/2017

製品評価のためのデータセット

データと結果のExcelシートはこちらをクリックしてダウンロードできます。

このデータは6種類のチョコレート・ドリンクの官能分析 (Husson F. & Pages J. (2003)です。官能プロファイルの比較は、訓練された審査員と訓練されていない審査員で行われました: methodology and results, Journal of Sensory Studies, 18 (6), pp. 453-464)。 29 人の査定人が6種類のドリンクをテストして、16個の特徴でグレードを与えました。2回のテスト・セッションがありました。このチュートリアルでは、セッション因子は用いません。.

このチュートリアルの目的

我々の目的は、チョコレート・ドリンクの主要な特徴を素早く見つけることです。

製品評価のセットアップ

XLSTATを起動して、リボン中の 官能データ分析 ボタンをクリックして、 製品評価(下図)を選びます。

XLSTAT sensory menu Product Characterization

ボタンをクリックすると、ダイアログ・ボックスが現れます。 Excel シート上でデータを選択します。

まず、記述項目(または特徴)を選び、それから製品の列、および審査員の列を選びます。我々は、変数の列タイトルを選択したので、オプション 変数ラベル を有効のままにしておきます。

decat2.gif

オプションタブでは、最も単純なモデル Y=P+Jを選びます。

decat3.gif

 OK ボタンを押すと計算が始まります。そして結果が表示されます。

製品評価の結果の解釈

XLSTATによって表示される最初の結果は、特徴および審査員と製品の列に関係する基本統計量です。

そして、2番目の表は、チョコレート・ドリンクについて、最も高い説明力を持つ特徴から最も低い説明力を持つ特徴までが並べられています。ミルク味が最も高い説明力を持つことがわかります。関係するテスト値と p-値も表示されます。

decat4.gif

次の表(下にあるのはその一部choc1についてのみ)は、分散分析モデルの最も重要な出力です(ここでは16個の分散分析モデルを適用しました)。モデル係数、推定平均値、テスト値、信頼区間が表示されます。

decat5.gif

下のグラフは、我々の製品(ここではchoc1)を定義するのにとても役立ちます。青色は有意な正値を持つ係数、赤色は有意な負値を持つ係数を表します。choc1はココアの外見を持ち、かなり苦くて酸っぱいことがわかります。甘くもなく、ミルクのような味もありません。

decat6.gif

そして、最後の表は、各組み合わせの製品評価についての修正平均です。青色は全体平均よりも有意に大きい平均値、赤色は全体平均よりも有意に小さい平均値を表します。我々はとても素早く、choc1がココア味とココアの外見を持ち、苦く酸っぱい製品であることがわかります。Choc3 は、とても甘く強いミルク味を持つチョコレート・ドリンクです。

decat7.gif

この素早い分析は、我々の製品についての明瞭な認識を与えます。製品評価は、(統計的手法を用いた)とても厳格な手法であり、同時にとても簡単な解釈ツールです。

お問合わせは、マインドウエア総研へ。

 

1c26995d494fb3061dd0ae8571ffc0a4@xlstat.desk-mail.com
https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283