あなたの分析ソリューション

XLSTATで標本の平均をある値と比較するためにt検定またはz検定を実行する

22/06/2018

平均比較検定を実行するデータ集合 - Studentのt検定またはz検定

データと結果のExcelシートは、下記のボタンをクリックしてダウンロードできます:
データをダウンロード  

このチュートリアルの目的1

我々は、それらの学生の結果と国の平均11.5とを比較しようとしています。 我々は、この統計量の分散に関する情報を持っていませんので、z検定を実行することはできません。したがって、t検定を実行します。

このクラスの成績でのいくつかの記述統計量が計算され、シートDescにあります。

ご覧のとおり、平均は 11.121です。

我々は、このクラスの平均と国内のすべての学生の平均の間の差が、5%のリスクで同等であるか、異なるかを決定するのに、t検定を使用できます。

標本の平均と任意の値を比較するためのStudentのt検定のセットアップ

パラメトリック検定メニューに行って、 1標本の t検定および z検定オプションを選択してください。

data analysis software

ダイアログ・ボックスで、データを選択してください。範囲セレクタを選択して、“Math average”を格納する列B を選択してください。データ形式は、標本ごとに1列です。ここで、我々は、検定する1標本に対応する1列のみを持ちます。同じ標本でデータが複数列にまたがる場合は、他のオプションを使用します。

デフォルト・オプションシートを保持しているので、結果は新しいシートに表示されます。

データ選択中に列の名前が含まれていたので、我々は列ラベルオプションをチェックします。

最後に、t検定を実行するかz検定を実行するかを決定しなければなりません。すでに説明したように、我々は、母集団の標準偏差に関する情報をもっていないので、Studentのt検定を実行しなければなりません。

stats software

我々の分析を指定するためにオプションタブに移動できます。選択する最初のことは、対立仮説です。我々は、クラスの平均が全体平均より劣っていることを知っているので、両側検定よりも正確な片側検定を実行するために、 平均 1 < 理論平均 オプションを選択できます。

そして、理論平均フィールドに 11.5を入力します。デフォルトの有意水準は5%です。我々はこの値を使用します。

t-test software

このデータ集合には欠損値がありませんので、欠損値タブでは、どのようなオプションを選んでもかまいません。最後の 出力 タブでは、利用可能な記述統計量オプションだけを選択できます。

statistical software

すべて設定できると、OKを押してください。

標本の平均と任意の値を比較するStudentのt検定の結果

t検定の結果が新しいシートに現れます。以下の表は、クラスの学生の成績が、国の平均よりも有意に下回ることを示します。

statistical software

このチュートリアルの目的 2

さらに、今度は、全国での数学の成績の標準偏差を使用できる場合です。0.55を使用しましょう。したがって、分散は 0.3025です。

標本の平均と任意の値を比較するためのz検定のセットアップ

最初のタブ一般で、今度はStudentの t-検定 オプションではなく、z検定オプションを選んでください。

statistical software

オプションタブでは、z検定のための分散を設定する必要があります。ユーザー定義オプションを選んで、値を0.3025に設定してください。

statistical software

OKをクリックしてください。

標本の平均とある値を比較するためのz検定の結果と解釈

結果のページでは、仮説 H0 が棄却され、クラスの学生の成績が全国よりも有意に劣っていることがわかります。

statistical software

下のビデオは、 XLSTATでのスチューデントのt検定および z検定の実行方法を示します。

 

お問合わせは、マインドウエア総研へ。

1c26995d494fb3061dd0ae8571ffc0a4@xlstat.desk-mail.com
https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283