あなたの分析ソリューション

XLSTATでの外れ値を検出するGrubbs 検定の実行

20/10/2017

Grubbs 検定で外れ値を検定するためのデータセット

データと結果のExcel シートは、こちらをクリックしてダウンロードできます。

データは、平均が 0 で分散が 3 の正規分布から得られました。1つの外れ値が追加されています。我々は、標本中に1個の外れ値があるか否かを検定しようとしています。

このチュートリアルの目的

我々は、Grubbs 検定を用いて、標本から外れ値を検出したいのです。

外れ値を検出するためのGrubbs検定のセットアップ

Grubbs 検定を開始するには,メニュー外れ値検定 / Grubbs 検定 に行きます。

grubbs test menu

一般タブでは、データと Grubbs 検定オプション(2個の外れ値を検出するには、Double Grubbs 検定が使用できます)を選択してください。

Grubbs test general tab XLSTAT

対立仮説として、両側 オプションを選びます。 有意水準はデフォルトのままです: 5%.

grubbs test dialog box options

できたらOKをクリックしてください。

外れ値を検出するための検定の結果

結果は、この検定のp値が次のようになります:

grubbs test result

下記の表では、検出された外れ値が与えられます。

grubbs test outlier

この検定の出力には、外れ値を検出するための Z スコアもあります。

お問い合わせ

販売部門にEメール

当社の技術サポートチームに連絡してください:support@xlstat.com

https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283