あなたの分析ソリューション

XLSTATでMandelのh および k 統計量により外れ値を検出する

20/10/2017

Mandelの統計量で標本間の差を検定するためのデータセット

データと結果のExcel シートは、こちらをクリックしてダウンロードできます。

4つの標本が2種類の分布から得られました: 平均が 0 で分散が 2 の正規分布による3個と平均が 0 で 分散が 5 の正規分布による1個。我々は、各標本が、ある研究所の結果に関係していると仮定します。我々は、研究所の結果の間に差があるか否かを検定しようとします。

このチュートリアルの目的

我々は、Mandelのhおよびk統計量を用いて、平均と分散が等質であるか否かを検出したいわけです。

h および k Mandelの統計量分析のセットアップ

Madelの h および k 統計量を開始するには、メニュー外れ値の検定 / Mandelの h および k 統計量.に行きます。

mandel statistics menu

一般タブでは、データを選択します。グループごとに1列オプションで、4列が選択されるはずです。

mandel statistics dialog box general

できたら OKをクリックしてください。

h および k Mandelの統計量の結果

下記の表では、各研究所についてh および k 統計量がわかります。

mandel statistics result

下記のグラフでは、h 統計量が、その臨界値とともに表示されています。値の1つが臨界区間の外側にあることがわかります。

mandel statistics plot

k 統計量についても同じグラフがあります。研究所の1つが外れたk統計量を得ていることも示しています。

mandel statistics k plot

我々は、この調査で外れた研究所がないことを示しました。
1c26995d494fb3061dd0ae8571ffc0a4@xlstat.desk-mail.com
https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283