あなたの分析ソリューション

スタック/アンスタック関数を用いたデータの変換

20/10/2017

このチュートリアルの目的

我々は、グループごとに1列で実験の結果を得ています。これらの結果で一元配置分散分析を実行しようとしています。データを ANOVAが適用できるようにデータを変換しなければなりません。

変数をスタッキングするデータセット

データと結果のExcel シートは、こちらをクリックしてダウンロードできます。このチュートリアルで、我々は、分散分析を実行するために、変数をスタック(積み上げ)する方法を示します。

データセットは、3つの列を含み、それぞれの列が患者のグループに対応します。

変数のスタッキング

XLSTATを開いて、 XLSTAT / データ準備 / データ・マネジメント コマンドを選択するか、データ準備メニューの対応するボタン(下図)をクリックしてください。

Menu filter

関連するボタンをクリックすると、ダイアログ・ボックスが現れます。 手法を選択します。我々はスタックを使用します。データ・フィールドで、スタック関数を適用したいデータを選択します。

Stack dialog box 

 OK ボタンをクリックすると、結果が新しいシートに表示されます。

スタッキング処理の結果

表示される結果は、変換されたデータセットのみです。3 列のデータが、2列のデータとなり、1列目がグループを示し、2列目が変換された変数の値になります。

 Stack result

これで、得られたデータセットの1元配置ANOVA を適用できます。 こちら に1元配置分散分析の詳細なチュートリアルがあります。

1c26995d494fb3061dd0ae8571ffc0a4@xlstat.desk-mail.com
https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283