あなたの分析ソリューション

対応のある標本の検定と独立標本の検定の違いとは何か?

17/09/2015

ある種の調査では、対応のある測定値または全体的に独立な測定値を産み出す可能性があります。それに応じて統計的検定が選ばれなければなりません。

たとえば、インスリン率での治療の効果を調査しているとします。ここで、この質問への回答を支援するであろう2通りの実験計画があります:

-       治療の前と後で30人の患者のインスリン率を測定する。したがって、データは対で構成される(すべての患者が2回の測定に関与する)。使用するのに適切な検定は、対応のある2標本のt検定でしょう。

-       プラシーボ(偽薬)を与えられた30人の患者と、治療を受けた30人の患者でインスリン率を測定する。この場合、測定値のすべてが独立です。使用するのに適切な検定は、 独立な2標本のt検定でしょう。

お問い合わせ

弊社の営業チームにご連絡ください。ここをクリック

弊社のテクニカル・サポート・チームにご連絡ください:support@xlstat.com

https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283