あなたの分析ソリューション

XLSTATで一元配置(one-way)MANOVAを実行する

20/10/2017

XLSTAT で一元配置MANOVA を実行するデータセット

データと結果のExcelシートは、下記のボタンをクリックしてダウンロードできます:
<データをダウンロード>
データの出所は[Fisher M. (1936). The Use of Multiple Measurements in Taxonomic Problems. Annals of Eugenics, 7, 179 -188] で、150 個のアヤメを4つの変数(sepal length, sepal width, petal length, petal width)および、それらの種で記述しています。この調査には3種類の種(asetosa, versicolor および virginica)が含まれています

この一元配置MANOVAの目的

このMANOVAの目的は、4つの従属変数 (sepal length, sepal width, petal length, petal width)の組み合わせで表現される花の形態について、3種類のアヤメに違いがあるかどうかを見ることです

XLSTAT での一元配置MANOVAのセットアップ

XLSTATを開いて、XLSTAT / データ・モデリング / MANOVA コマンドを選択するか、データ・モデリングツールバー(下図)の対応するボタンをクリックしてください。
 XLSTAT Menu

ボタンをクリックすると、MANOVAダイアログ・ボックスが現れます。


一般タブでExcelシート上のデータを選択します。我々のシチュエーションでは、オブザベーション/変数表のフィールドに、4つの形態変数である従属変数(またはモデルする変数)を入れます。
グループフィールドに説明変数-我々のケースではSpeciesの列を入れます。
変数の列タイトルを選択したので、列ラベル オプションを有効のままにしておきます。

そして、オプションタブに移動します。


 

 
説明変数がたった1つだけですので交互作用オプションは無効にします。
デフォルトの信頼水準は5%です。
最終の結果を取り扱う支援を得るための検定を有効にします。
OK ボタンをクリックすると、計算が始まります。新しいExcel シートに結果が表示されます。

XLSTAT での一元配置MANOVAの結果の解釈

変数に関する要約統計が表示され、多変量検定に関する結果が続きます。それらの検定のすべては、従属変数の組み合わせでの説明変数のどのような効果も排除するという同じ帰無仮説によって構築されます。我々は、Wilks Lambda 検定の解釈に焦点を当てます。
Wilks Lambda 検定では、説明変数に関するLambdaが低いほど、従属変数の組み合わせで、その変数の効果がより重要であるということになります。


ここで、我々は、Lambda (0.023)が、有意水準アルファ(0.05)よりもかなり低いp値に関連づけられていることがわかります。 したがって、我々は、とても小さな過誤のリスクで、花の形態にspecies(種)の効果がないという帰無仮説を棄却できす。
 


 

お問い合わせ

販売部門にEメール

当社の技術サポートチームに連絡してください:support@xlstat.com

https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283