あなたの分析ソリューション

XLSTATで任意の分布でデータをサンプリングする

19/03/2019

このチュートリアルで我々は、XLSTATを用いてExcel内で、1) 正規分布から1つの標本を生成し、一様分布から1つの標本を生成し、そして 2) 両方の標本で正規性検定を実行します。

分布をサンプリングし、正規性検定を実行するためのデータセット

データと結果のExcelシートは、下記のボタンをクリックしてダウンロードできます:
<データをダウンロード>

我々は、2つの標本を生成しようとしています。1番目は、正規分布 N(2,4) (平均 = 2, 分散 = 4)で、2番目は一様分布 -1.5 から 5 (平均 = 2, 分散 = 49/12 =4.08)です。これをするには、 "データ準備" メニューにある "分布サンプリング" ツールを使用します。

任意の分布でのデータのサンプリングのセットアップ

XLSTATを起動して、XLSTAT / データ準備 / 分布サンプリングコマンドを選択するか、データ準備 ツールバーの対応するボタン(下図)をクリックしてください。

XLSTAT Function for Distribution Sampling

ボタンをクリックすると、ダイアログ・ボックスが現れます。

使用する分布と、対応するパラメータをを選択してください。

そして、生成する標本のサイズを入力してください。

下に表示されているダイアログ・ボックスは、1000 ケースの正規分布 N(2,2) の標本の生成に対応します。

XLSTAT dialog box for distribution sampling (normal)

OKボタンを押すと計算が始まり、標本が表示されます。

2番目の標本は、 一様分布 -1.5 から 5を用いて生成されます。もう1つの標本の次に、その標本を生成するために、"レポート・ヘッダを表示" オプションを無効にして、最初の標本名の次に範囲を選択します。

XLSTAT dialog box for distribution sampling (uniform)

Okをクリックすると。2番目の標本が表示されます。

お問い合わせ

販売部門にEメール

当社の技術サポートチームに連絡してください:support@xlstat.com

https://cdn.desk.com/
false
desk
読み込み中
秒前
1 分前
分前
1 時間前
時間前
1 日前
日前
バージョン情報
false
無効な文字が見つかりました
/customer/portal/articles/autocomplete
9283