メインコンテンツに移動

Excelでのデータのコード化および再コード化

このチュートリアルは、XLSTATソフトウェアを用いてExcel内の参照コーディング表に基づき、データを再コード化することを支援します。

コーディング表を用いてデータを再コード化

このデータ集合は、20人のクライアントと彼らの年齢、居住の市、および性別を含みます。我々は、コーディング表を用いて変数City を再コード化します。

XLSTATを開くと、XLSTAT / データ準備 / コード コマンドを選択するか、データ準備 ツールバー(下図)の対応するボタンをクリックしてください。

statistical software

適切なボタンをクリックすると、ダイアログ・ボックスが現れます。再コード化したい変数を選択してください。ここでは、列全体を選択して変数 "City" を選びます。そして、古い値と新しい値を格納しているコーディング表を選択してください。選択中にヘッディングを含むべきであることに注意してください。

出力が表中の新しい列に表示されるべきなので、範囲オプションを選択して、E1のような表の隣のセルを選択してください。

結果の上にテキストを書かないようにするには、レポート見出しの表示オプションのチェックを外します。

Partial Least Squares software

準備ができたら OK ボタンをクリックします。結果が表の隣に表示されます。コードが正しく使用されたことを検証できます。

Principal component analysis software

このビデオは、このチュートリアルの進め方を示します。

この記事は役に立ちましたか?

  • ウイ
  • いいえ