メインコンテンツに移動
XLSTATはLumiveroグループに参加しています。詳しくはこちら

Excelでの平行座標可視化チュートリアル

このチュートリアルは、XLSTATソフトウェアを用いてExcelで平行座標プロットを描く方法を示します。

平行座標プロットを作成するデータセット

データの出典は、[Fisher M. (1936). The Use of Multiple Measurements in Taxonomic Problems. Annals of Eugenics, 7, 179 -188] で、4つの変数 (sepal length, sepal width, petal length, petal width)で記述された150個のアヤメの花です。平行座標プロットでの質的変数の使用を説明するために、量的変数 petal width を2クラスで再コード化しました。

このチュートリアルの目的

この研究には3種類のアヤメが含まれます: Setosa, Versicolor および Virginica。ここでの目的は、異なる種の間で違いがあるかどうかを素早く可視化することです。

平行座標プロットのセットアップ

XLSTAT / データ可視化 / 平行座標プロット 機能を選択してください。

平行座標プロット ダイアログ・ボックスが現れます。

一般 タブで、量的データ フィールドにAからD列を、質的データフィールドにE列を、グループフィールドにF列を選択します。

オプションタブでは、オブザベーションごとに1本の線を表示するように、そして生データを使用するように選びます。

平行座標プロットの解釈

OKをクリックすると計算が始まります。そして、チャートが表示されます。

このチャートは、黒い線で表示されたSetosa specieが、他の2つよりも有意に短いpetals (花弁)を持つことを示しています。また、種Virginica が幅の広い花弁を持つこともわかります。

特定のグループを分離するために、その他を透明にして、そこだけを強調することを選べます。それをするには、グラフの左上でドロップ・ダウン・メニューをクリックするだけです。 Versicolor グループの例を下に示します。

この記事は役に立ちましたか?

  • ウイ
  • いいえ