メインコンテンツに移動
XLSTATはLumiveroグループに参加しています。詳しくはこちら

Excelでの順位ベース回帰チュートリアル

このチュートリアルは、XLSTAT-Rエンジンを用いてExcel内で**順位ベース回帰(rank-based regression)**を実行する方法を示します。

順位ベース回帰とは?

順位ベース回帰 は、線形モデルについて順位ベース係数を推定できます。それらの推定は、従来の推定アプローチと比較してよりロバストであると考えられます。
XLSTAT-R で開発された順位ベース回帰関数は、RのRfitパッケージのrfit関数 (John Kloke)を呼び出します。

XLSTAT-Rで順位ベース回帰を立ち上げるデータセット

データは、ANCOVA チュートリアルで使用されるデータと同じです.

XLSTAT-Rでの順位ベース回帰のセットアップ

R / Rfit / Rank-Based Regressionを開いてください。
XLSTAT-R Menu rank based regression rfit
一般 タブで以下のように記入します:
XLSTAT-R Rfit filling out the general tab
オプション タブでInteractions(交互作用)オプションを有効にします。
XLSTAT-R Rank-Based Regression, Options tab
OKをクリックしてください。
現れるダイアログ・ボックスで、モデルに含めたい項を選択してください:
XLSTAT-R Rank-Based regression, factors and interactions dialog box
保持したい項を選択して、OKをクリックしてください。
結果を解釈します。
XLSTAT-R Rank Based regression coefficients
XLSTAT-R Rank Based Regression Coefficients Chart

この記事は役に立ちましたか?

  • ウイ
  • いいえ