メインコンテンツに移動
XLSTATはLumiveroグループに参加しています。詳しくはこちら

3D可視化モデルを再利用したり他のデータ集合で使用するために保存する

注意: 可視化モデルを再利用するには、データが同じ構造を持っていて、変数が同じ名前を持っている必要があります。

3D 可視化の保存と再利用のためのデータセット

この事例で用いるデータ(demo3DPlot2.xls) とXLSTAT-3DPlot可視化モデル(demoM3D.m3D) は、こちら からダウンロード できます。我々の目的は、XLSTAT-3DPlot によって作られた可視化モデルが、他のデータ集合で再利用できることを示すことです。

進め方

Data1のデータを選択して、データ可視化ツールバーの3D Plotボタンををクリックすると、下図に近い画像が得られます。

m3d1.gif

いくらかの修正の後、よりきれいで読みやすい下記の結果が得られます。

m3d2.gif

この景観が得られたなら、フォーマットを別のデータ集合で再利用するために、我々はXLSTAT-3DPlotのファイル / 名前を付けて保存コマンドを使って、demoM3D.m3D という名前で保存しました。

例として、ここでは我々は、Data1と同じExcelシート上にある第2のデータ集合Data2上で、この可視化モデルを再利用しようとします。 そのために、XLSTAT-3DPlotを閉じて、データData2を選択し、 それから3DPlot ボタンをクリックします。最初の可視化が現れると、前もって保存したフォーマットを新しいデータに適用するために、XLSTAT-3DPlotの ファイル / 開く コマンドを使います。次の画像がその結果です。

m3d3.gif

結論として、可視化モデルの保存によって、時間を節約できて、ハイクォリティなフォーマットを再利用できるライブラリーを構築することができます。

お問合わせは、マインドウエア総研へ。

この記事は役に立ちましたか?

  • ウイ
  • いいえ