メインコンテンツに移動
XLSTATはLumiveroグループに参加しています。詳しくはこちら

Excelでの官能有効期限分析チュートリアル

官能有効期限分析のためのデータセット

このチュートリアルで使用するデータは、異なる時点での19人の審査員によるフレッシュ・フルーツ・ジュースの評価です。 1, 2, 3, 4, 5 , 6の日で6回ジュースがテストされます。 審査員はこれらのすべての回で、彼らの好み(yes/no) を回答します。このデータでは、審査員の評価は、評価が否定的なときは0、肯定的なときは1 を用いてコードされます。こちらがデータ形式です:

XLSTATでは、値(0/1) を他のどような値にでも (たとえばyes/no )変更できます。

官能有効期限分析の目的

この分析の目的は、製品を販売の棚に置く最良の期間(賞味期限)を可視化することです。パラメトリック生存時間モデルが、時間をモデルするために使用されます。

パネル分析のセットアップ

XLSTAT を起動して、XLSTAT-官能データ分析​ / 官能有効期限分析 コマンド(下図)を選択するか、XLSTAT-官能データ分析 ツールバーの対応するボタンをクリックしてください。

ボタンをクリックすると、ダイアログ・ボックスが現れます。上記に示すように審査員 x 日付の表を選択して、時間データ・ボックスで各日付に関連づけられら値を持つ列を選択してください。我々は、モデルを適合させるためにWeibull 分布を用います。

他のオプションは、デフォルト値のままにしておきます。

官能有効期限分析の結果の解釈

OK ボタンをクリックすると、計算が始まります。

最初の表は、時間データに関する基本要約統計です。審査員の回答の概観を与えるグラフも表示されます。

このプロットは、オレンジ・ジュースを好む審査員の数の減少を示します。分析の最後では、たった4 人の審査員がまだこの製品を好みました。

その後に表示される表は、パラメトリック生存時間曲線で表示されるのと似ています。モデルにWeibull 曲線が適合されています。両方のパラメータが有意であることがわかります。

Weibull 分布に基づく選好分布関数プロットは、下記のとおりです:

最後に、四分位が得られ、意思決定にとても役立ちます。

中央値時間が、製品が棚に置かれてかか4 日と5 日の間であることがわかります。

より多くに分析あ意思決定が、官能有効期限分析で行えます。各審査員に関する説明変数を追加することができます。

この記事は役に立ちましたか?

  • ウイ
  • いいえ