メインコンテンツに移動
XLSTATはLumiveroグループに参加しています。詳しくはこちら

Bitdefender antivirusによって引き起こされるインストレーション問題

BitDefender がXLSTATのインストレーションをブロックします。

この問題を解決するには、ANTIVIRUSおよびADVANCED THREAT DEFENSEモジュールで、EXCEL.exe実行可能ファイルを例外として追加できます。

除外リストにこの実行可能ファイルを追加するために、下記の手順に従ってください:

  1. Bitdefender プログラムを開き、Protection(保護)をクリックします。

  1. ANTIVIRUSモジュールのSettings (設定)アイコンをクリックしてください(この手順の残りの部分は、ADVANCED THREAT DEFENSE モジュールにも適用されます)。

  1. EXCLUSIONS (除外)タブを選択して、 List of files and folders excluded from scanning (スキャンから除外するファイルとフォルダのリスト)アコーディオン・メニューでADD(追加I)をクリックします。

  1. Browse(ブラウズ)をクリックして、EXCEL.EXE 実行可能ファイルをスキャンから除外するように選択してください。オプション: Both(両方)を選んでいることを確認してください。 EXCEL.EXE ファイルは、通常、Program Files > Microsoft Office > Office16 (Office 2016を使用している場合)にあります。 Program Files > Microsoft Office > Root > Office16. でファイルを検索しなければならない場合もあります。 Excel のバージョンとOfficeをインストールしたディレクトリによっては、Excel.exe はコンピュータで場所が変更されているかもしれません。

  1. Add (追加)をクリックして変更を保存して、ウィンドウを閉じてください。
  2. XLSTATを再起動してください。

訳者註:日本国内で販売されているセキュリティ・ソフトでは、ウィルスバスターがダウンロードしたソフトウェアのインストレーションを根拠なくブロックすることが知られています。その場合は同様な処置を行ってください。

この記事は役に立ちましたか?

  • ウイ
  • いいえ