メインコンテンツに移動
XLSTATはLumiveroグループに参加しています。詳しくはこちら

ダイアログ・ボックスでデータ座標を記憶

もし特定の特徴(シート名、行番号、列番号)のデータ集合でXLSTATの同じ機能を頻繁に使う場合、XLSTATの メモライゼーション・オプションを使うことができます。
XLSTATメニューの"Options" コマンドを選ぶか、またはXLSTATツールバーの  ボタンをクリックしてください。 
optionsJA.pngoptions2JA.PNG
データ選択を含むオプションをチェックしてください。各ダイアログ・ボックスで定義されたデータ選択を保存できるようになります。
options3JA.PNG
このビデオは、ルーチンな分析を別のデータ集合で繰り返す簡単な方法を説明します。
 

お問合わせは、マインドウエア総研へ。

この記事は役に立ちましたか?

  • ウイ
  • いいえ